僕の読んだ最強のおすすめマンガ!!

僕が今までの人生で読んで、もっとも最高だったものたちをご紹介していきます!読んでもいないものはご紹介しません!!最高のものだからオススメしたい!!

日本史上最高のマンガに「ドラえもん」は欠かせない「SF(少し不思議)」なものがたり

マンガ・コミックといってまず思いつくのはなんでしょうか?

やはり「ドラえもん」かなと僕は思いますが、どうでしょうか。

f:id:sakuratei2570:20170521005918j:plain

僕はドラえもんは小学三年生くらいのころに読みました。

当時はまだ7巻くらいまでしか発売されておらず、続きが出るのを楽しみにしていました。

藤子・F・不二雄先生は、ドラえもんSF作品ではあるが、サイエンスフィクションではなく「少し不思議」のSFだ、と言っているのがなんともいえず、藤子不二雄先生のあまりガチガチなものではなく、気楽に楽しんでほしい、とゆうような気持ち。

サイエンスとゆうガチガチな化学ものではないよ、とゆう気持ちが含まれていて、好きですね。

 

やはり、コミック6巻の「さようならドラえもん」でしょうか。

もっとも感動的なお話は。

f:id:sakuratei2570:20170521010019j:plain

僕も当時、かなりベロベロになって泣きながら読んだものです。30回くらいは「さようならドラえもん」を読んで泣きましたかね。

当時、このお話で本当に最終回にするつもりであった、と藤子・F・不二雄先生は言っておられたようです。

読者のファンの方々からの強烈な猛烈なるアピールによって、7巻の「帰ってきたドラえもん」につながるようです。

 

「さようならドラえもん」とは・・・

ジャイアンにいじめられ、ケンカに勝てる道具をドラえもんに出してほしい、と懇願するのび太、しかし、ドラえもんは冷たくつっぱねる。

様子がおかしいと感じたのび太ドラえもんを問い詰めると、ドラえもんは未来の世界に帰らないとならない、と告白する。

f:id:sakuratei2570:20170521010304j:plain

 

ドラえもんとのお別れの日。

最後の夜、のび太は眠れず、夜の街に散歩に出かけると、寝ぼけてうろうろしているジャイアンを見つける、笑っていると、ジャイアンが目をさまし、のび太とケンカになる。

何度も何度も倒されるが、のび太は「ぼくだけの力で きみに勝たないと・・・ドラえもんが・・・安心して・・・帰れないんだ!」と必死で戦う。

f:id:sakuratei2570:20170521005622j:plain

 

ボロボロになるが、最後にはついにジャイアンが「おれの負けだ」という。

そこへ心配してきたドラえもんに「かったよ、ぼく。見たろ、ドラえもん。かったんだよ。ぼくひとりで。もう安心して帰れるだろ、ドラえもん」。

f:id:sakuratei2570:20170521005524j:plain

 

部屋に戻ったのび太は、静かに眠りはじめる、そばで見守っていたドラえもんは、朝になると、もうどこにもいなかった。

f:id:sakuratei2570:20170521005724j:plain

 

ドラえもんがいなくても、頑張っていきていこう、出会いがあれば、別れがある。

そんな悲しいお話でした。

f:id:sakuratei2570:20170521010731j:plain

 

人間、生きていると必ず、出会いがあれば、別れがあるものです。

天にも昇るような嬉しい出会いもあれば、とても耐えきれるものではないような、とてつもない悲しい別れもあると思いますが。

のび太のように、成長できれば、いいのかな、と思います。