僕の読んだ最強のおすすめマンガ!!

僕が今までの人生で読んで、もっとも最高だったものたちをご紹介していきます!読んでもいないものはご紹介しません!!最高のものだからオススメしたい!!

最大・最強の格闘マンガ【空手バカ一代】!これを読まずして、格闘漫画・空手マンガは語れない!!

こんにちは、こんばんは、せもっちです(*´ω`*)ノ🌟

 

わたくしが、中学のころでした。

友人のうちに遊びに行った時、一冊の空手バカ一代を見つけ、なにやら、激しいタイトル、空手、とゆうなにやら男くさいタイトル。

f:id:sakuratei2570:20180825020609j:plain

そのころ、わたくしは、空手とゆうものにたいして、なにか、野蛮。

攻撃的。ケンカ好き。

そうゆうイメージがあり、自分自身で習ったりなどは、する気持ちはありませんでした。

空手を習っている、クラスメートの者が、小学生時代などに、よく骨折をして

「空手で骨折した」

とゆうことでした。

それは、彼とはそんなには親しくなかったので、人伝いに聴いたことなんですが、なんだか、言葉のニュアンス的に、わたくしが受け取った、その「空手で骨折した」の感じが。

「ふふっ・・まーたよぉ・・・空手でよ、骨折しちまったぜぇ・・・・へっへっへっ・・・」

とゆう感じ。

なんだか、野蛮極まりないイメージが、定着してしまっておりました。

 

そして、いざ、友人の家で見つけた、空手バカ一代

読んでみましたね。

確か。

四巻・・・。

百人組手のお話しでした。

友人は、友人のT造君の部屋に、五人くらい来ておりました。

わたしは、片隅で、一巻が見当たらないその【空手バカ一代】の四巻を、読みふけることにしました。

 

「おおっ・・・!!」

これは・・・はたしてこれは・・・!!

本当のことなのか・・・!!!

 

とてつもない迫力!

主人公である「大山倍達」に遅いかかる、他の道場のものたち。

空手の修行の一環、とゆうような名目ではあるものの。

まさに、襲い来る暴漢。

道着を着ている暴漢ども。

 

一人ずつ、蹴散らしていく、主人公【大山倍達】!

30人ほどでしょうか。

蹴散らしたあたり・・・・

とうとう・・・

汗で道場の床が滑り始めたか・・・???

とゆうあたり・・・

 

なんと!!

敵の道場生ども・・・!!

足のうらに・・・なんと!!

【油】!!

大山倍達との闘いの最中。

一人ひとり、戦いの前に、なんと。

足の裏に【油】を塗っていたのです!

 

つるつると、滑り、まともにいよいよ戦えなくなってしまった大山倍達

そこで、大山倍達がどうしたのか・・・・?!

なんと・・・!!

敵の一人を倒し・・・!!

帯を剥ぎ取り!!

足に巻き付けた・・・!!!

大山倍達がつぶやきます。

「これで・・・滑り止めの完成・・・」

おおっ!!!

とわたしは思いました。

そこからは、またまた怒涛の快進撃!!

襲い来る暴漢を、バッタバッタと倒していく、大山倍達!!

 

ついに、完了!!

最後の100人目!!

敵の道場主!!

 

なんとか、金を払うから、許してくれないか??

と、交渉を持ちかける、悪党っぷり!!!

自分からケンカを持ち掛け。

100人組手をやらせ。

いざ、自分が戦うとゆう段になったとたん!!!

なんと!!

まさかまさかの・・・!!!

「金を払うから、勘弁してくれへんかぁ??ぐへへへ・・・」

これにはもう、少年時代のわたくしももう。

ビクーーーーン!!

と、ショックでした。

 

山ごもり修行のお話しも、今ではありえないことです。

なにやら、合計で3年ほども、山籠もりによる修行をされた、とゆうことです。

山ごもりによる修行では、普通の道場などの、床での鍛錬では、得られない、人間の限界を超えたスピードを得られる、とのこと。

作中では、山籠もりの目標として。

【自然石割り】

とゆうものを達成する、とゆうものでした。

主人公である大山倍達は、「この石を手刀で割れるまで、山を下りない」。

とゆう決心をします。

そして、どうしても山を下りて、人間に会いたい、とゆう気持ちが出てくると。

ついに、

【片方の眉毛をそり落とし】ます。

「こんな、眉毛が片方しかない顔では、人里には下りられないな!」

とゆう、そのような形で、修行を続けていきます。

f:id:sakuratei2570:20180825030001j:plain

「眉毛とゆうものは・・・ほうっておくと、3か月ほどでまた、生えそろうものらしい・・・」

とゆうセリフがまた、なんとも、リアル感を醸し出します。

山籠もりの最中の夜などは、一人、ろうそくの灯の明かりのなか、剣聖[宮本武蔵]の【五輪の書】を、繰り返し、読んでおられたそうです。

 

そして、とうとう、山籠もりが、1年半に及ぶ、

【満月がやけに明るい日】

「割れる・・・!!!」

大山倍達は・・・その時・・・石が割れる線まで、見えていたといいます。

そして、ついに・・・

手刀による自然石割り・・・達成!!!

「きええぇぇぇーーっっ!!!」ガツーーーーン!!!

ついに・・・手刀の打ち下ろしによって・・・・パカーンと割れる石。

 

ついに、山を下りた主人公、大山倍達

どれだけ強くなったのか、なにかふと、試してみたくなり。

スズメがとまっている、木の電柱に、正拳突きを打ち込みます。

すると、あまりにも、突きの衝撃が強く、早いがために、スズメは飛び立つことができず、電線から、バタバタと、落ちてしまったのです。

 

ついに・・・!!

日本にはもう敵はいない!

闘牛との対決!!!

f:id:sakuratei2570:20180825030604j:plain

ついに、闘牛との対決です。

f:id:sakuratei2570:20180825031119j:plain

このあと、山籠もりで得た。

必殺の手刀が・・・ついに、炸裂します!!

f:id:sakuratei2570:20180825031358j:plain

チェェェストオォォォォーーーーッッッ!!!!!

 

とにかく、それまでに誰も挑戦したことのないことに、どんどん挑戦していく、とゆうとてつもない過激なる人生。

そこに、とてつもない感動を感じました。

 

その後、極真空手を創立。

それまでは、大山道場、とゆう名前で、空手を人々に指導もしてきましたが、最終的には、ついに、今あるところの極真会館を創設しました。

 

のちのちのサバキテクニックで有名である、芦原会館を設立した、芦原秀幸の四国での戦いなど。

ものすごいスリリングですね。

 

もし、まだ読んでおられないのでしたら、ぜひ、読んでみることをオススメいたします。

わたしも、この漫画で、空手を始めた一人です。

 

では、今回はこのあたりで、失礼いたしますぞ(*´ω`*)ノでわでわ🌟✨