僕の読んだ最強のおすすめマンガ!!

僕が今までの人生で読んで、もっとも最高だったものたちをご紹介していきます!読んでもいないものはご紹介しません!!最高のものだからオススメしたい!!

【ゴールデンカムイ】北海道を舞台とした歴史ロマン溢れる超大作!!

こんにちは、こんばんは、せもっちです(*´ω`)ノ🌟

 

今回、ご紹介するマンガ作品は、こちらの

ゴールデンカムイ

です(*‘ω‘ *)!

f:id:sakuratei2570:20180904030200j:plain

本を開くと、まずこの【アイヌ語】が!

「カント オロワ ヤク サク ノ アランケプ シネプ カ イサム」

訳:【天から役目なしに降ろされた物はひとつもない】

 

そして、始まりますね、物語が・・・!

 

第一話【不死身の杉元】

杉元、とゆうのは本作品の主人公で、ものすごい頑丈な体をしております。

ですが、そんな、ゴーレムな体ではなく、引き締まったいい感じの体ですね。

作中によく、モーホーな感じの人が出てきますけれども、そうゆう人にも好かれてしまったりもしてしまうような、いい感じのボディ。

【明治二十七年・203高地】

での、いきなりのロシア戦争です。

f:id:sakuratei2570:20180904033432j:plain

そして、タイトル!

f:id:sakuratei2570:20180904033511j:plain

いい感じですねー

f:id:sakuratei2570:20180904033614j:plain

いきなり序盤から戦争ですね、主人公、杉元佐一がこれまた強い!!

f:id:sakuratei2570:20180904033740j:plain

北海道には、砂金を掘りにきた、とのこと。

f:id:sakuratei2570:20180904033849j:plain

ほうほう・・・

当時、砂金がたくさん採れたので、当時のそのことを、ゴールドラッシュ、と言ったそうです。

なるほど、勉強になりますな(*‘ω‘ *)🌟

日本人に対抗するために、アイヌの方たちは、砂金を貯めていたとのこと。

f:id:sakuratei2570:20180904034108j:plain

それを、一人のアイヌの者が、ほかのアイヌのものを皆殺しにして、奪ったとゆう。

盗られた金の量は20貫(かん)(75kg)!

八萬円(現在では八億円相当だと言う)。

今では使われることがあまりない、【貫(かん)】とゆう単位が出てきたりするのが、また当時を感じさせるリアル感。

八萬円は現在の、八億円の価格であるとゆう、当時との金銭の価値の違いなどもまた、昔の感じがリアルな数字で表れされており、勉強になりつつも、いい感じです。

f:id:sakuratei2570:20180904034614j:plain

しかし、そのアイヌは捕まってしまい、網走監獄へと入れられてしまいます。

そして、そのなかで、そのアイヌは、他の囚人たちに、金塊を隠したありかを記した暗号である、入れ墨を入れたんですね。

その囚人の入れ墨は、暗号のようになっており、全員の囚人の入れ墨を見つけなくては分からないようになっています。

f:id:sakuratei2570:20180904034922j:plain

「ここから脱獄しろ」

「脱獄した奴には金塊を半分やる」

f:id:sakuratei2570:20180904035104j:plain

そんな情報を、杉元に話すと、いきなり男は酔いから覚めたのか。

いきなり杉元に銃を突き付けてきます。

ピタ・・・「しゃべりすぎた・・・」

f:id:sakuratei2570:20180904035242j:plain

試してみるかい・・・俺が不死身かどうか・・・

 

このような始まり方ですねーいきなりのド迫力!

 

そして、いきなり北海道ですから。

きますよ。

【ヒグマ!】

f:id:sakuratei2570:20180904035440j:plain

ヒグマによる被害は、現代でもあるくらいですから、当時はかなり多くのヒグマがいたんではないでしょうか。

ヒグマはおよそ【2メートル50センチ、体重800kg】のような、大型のものも見つかっているとゆうことですので、普通、人間はなにをしても勝つことはできないでしょう。

 ヒグマの恐ろしさ、とゆうことでは、こちらのマンガもすごいですね。

小説をマンガ化したものだそうですが、ものすごい迫力です。

こちら、原作の小説版ですね。

シャトゥーン ヒグマの森 (宝島SUGOI文庫) (宝島社文庫)

シャトゥーン ヒグマの森 (宝島SUGOI文庫) (宝島社文庫)

 

ヒグマに人間が、どんどん食べられていくのが、とてつもない迫力ですので、おすすめです。

 

では、戻りましょう(*‘ω‘ *)!

f:id:sakuratei2570:20180904035941j:plain

杉元がヒグマに襲われ、これはもう、ヤバイぜ!

とゆう時!!

アイヌの少女である【アシリパ】登場!!

ヒグマへ弓矢での攻撃を命中させます。

この時は、なんとかかんとか、ヒグマを退けることができましたが・・・

なんと!その夜!!

f:id:sakuratei2570:20180904040206j:plain

再び、ヒグマ襲撃!!

f:id:sakuratei2570:20180904040304j:plain

引き手の感じから察するに、空手でしょうか。

突きをヒグマにかなりの力で、叩き込んでいますが、まったく効かない様子。

杉元「効くわけねえか・・・」

 

このあと、いったいどうなるのかっっ??!!

ぜひ、本編をご覧になられて頂きたいっっ!!

 

ヒグマとの闘いを通して、なにかの御縁であったのか。

お互い、名乗りあいます。

f:id:sakuratei2570:20180904040703j:plain

アシリパ「本州のものにしては・・・なかなかやるな!」

f:id:sakuratei2570:20180904040447j:plain

そして、二人は小樽へ!!

杉元は金塊を探しに!

アシリパは、行方不明となってしまった父を探すために、小樽へとやってきました。

当時の小樽の感じがまた、最高。

 

 旅の道中、大日本帝国陸軍!第7師団!

のものからの襲撃!!

f:id:sakuratei2570:20180904040813j:plain

 道民は、畏敬の念を込めて【本鎮部隊】と言ったとゆう。

 

そして、脱獄王の登場!

f:id:sakuratei2570:20180904040943j:plain

白石由竹(しらいしよしたけ)登場!

体中の関節を外し、あらゆる監獄から脱獄を繰り返してきたとゆう。

そんな彼も・・・なんと、入れ墨の囚人の一人だった・・・!!!

 

そんな、まだまださわりの部分ではありますが。

昔の北海道を舞台とした、歴史ロマンあふれる、ロマン&アクション!!

そして、よく登場する・・・アイヌ料理!!

f:id:sakuratei2570:20180904041314j:plain

チタタプ!!

丸ごと、「チタタプ、チタタプ、チタタプ・・・」と言いながら、包丁で叩き、下準備を行っていき、塩などをまぶし、食べるとのこと(*‘ω‘ *)!

杉元は、アシリパによく【脳みそ】を勧められます。

が、あまり食べたくない杉元。

その描写がまた、なんともまた、愉快!

まあ、徐々に脳みそを食べることに、慣れてしまっていくとゆう、杉元ですね。

敵と戦っている時の、とてつもない鬼神のような杉元と。

アシリパに、「チタタプ、チタタプ」と言いながら、包丁で獲物を叩くことをやらされたり、獲物の脳みそを結局、何度も食べさせられたりなど、そういった、柔らかい杉元との対比。といったところも、また愉快であります(*´ω`*)💛

脳みそは、なんだか、わりと慣れると、おいしいそうです。

 

現在、ゴールデンカムイは【14巻】まで、発売されております。

ただ、笑って終わり、といったものではなく、いろいろと勉強できる要素もたくさんあり、当時のことをいろいろと、漫画を通してまるで自分が体験しているかのように、楽しく読んでいくことができます。

出てくる人物たちも、とにかく、インパクトがすごい!

ぜひ、読んでほしい作品となっておりますっ!!

ゴールデンカムイ コミック 1-13巻セット

ゴールデンカムイ コミック 1-13巻セット

 

アニメも放映中です!

こちらの【dアニメストア(月400円)】では、ゴールデンカムイなどの素晴らしい作品が、いつでも見放題です(*´ω`*)🌟

dアニメストア

dアニメストア

 

では、このあたりで、失礼いたしますぞ(*´ω`*)ノでわでわ🌟✨✨✨