僕の読んだ最強のおすすめマンガ!!

僕が今までの人生で読んで、もっとも最高だったものたちをご紹介していきます!読んでもいないものはご紹介しません!!最高のものだからオススメしたい!!

伊藤潤二先生の最恐ホラー漫画【伊藤潤二恐怖マンガコレクション】をご紹介いたします!

こんにちは、こんばんは、今回は日本の漫画界のスティーブン・キング

伊藤潤二先生の最恐ホラー漫画作品をまとめたコレクション本。

伊藤潤二恐怖マンガコレクション】

をご紹介します(`・ω・´)!

 

こちらが、全16巻からなる【伊藤潤二恐怖マンガコレクション】の第1巻となります、第1集【富江】です。

f:id:sakuratei2570:20190205031357j:plain

富江と言う名の、女子高生が恐ろしい美少女ヒロインと言うか、かなり恐ろしくも、美しい存在として、描かれていきます。

 

こういったように、ヒロインである富江が、亡くなってしまったところから物語は始まっていきます。

f:id:sakuratei2570:20190205031622p:plain

さっそく、亡くなってしまったという・・・

いったいどういうことなのか・・・

しかし、ここから徐々に恐ろしい物語は展開していくのです。

 

なんと・・・

亡くなったはずのクラスメートである富江が・・・

登校してきた、、、!

f:id:sakuratei2570:20190205031813p:plain

悠然と、余裕しゃくしゃくといった感じで登場する、亡くなったはずのクラスメート、富江・・・!!

騒然とするクラス内!

 

物語が展開していくにつれ。

いつのまにやら、亡くなっているはずだと言うのに、あまりにも美少女なこともあり、次々と男子生徒たちが取り巻きとなっていきます。

f:id:sakuratei2570:20190205032027p:plain

徐々に、ヒロインが美しいのが非常に特徴的である、伊藤淳二先生の作風が、さっそくもうすでに出てきています。

 

伊藤潤二先生の描く女性キャラクターは、非常に美しいのが特徴です。

回を増すごとに、年を重ねるごとに、どんどんキャラクターは美しくなっていきますが、この恐怖マンガコレクションでは、やや近年のものと、初期の頃の作品の順番が変更されているものもありますので、後にほうの巻になるほど、最近の作品である、とも言い切れないところがあります。

 

別のお話しでは、雪山に登山をしているグループの眼前に、なんと、裸で洞穴から半身を出している女性【富江】が・・・!

f:id:sakuratei2570:20190205032523p:plain

はたして・・・いったいなぜ!

半裸の姿でこんな雪山の奥深いところに・・・女性が!

 

なんと・・・生きていたという・・・

f:id:sakuratei2570:20190205032624p:plain

さっそく、男性二人で助けにいき、体を冷やさないように包み、運んでいるところです。

 

なんと・・・

f:id:sakuratei2570:20190205032732p:plain

さむいので・・・

「あなたの着ている物をわたしに着せて・・・」と言う。

そして、美しすぎるまなざしで・・・さらに「お願い・・・」と・・

つぶやく・・・富江

そして・・・すっかり魅了されてしまった浜口さんは。

自分が来ている服もジャンバーも装備も、なにもかも、自分はパンツのみ、裸同然の姿となり、すべて富江に着せてしまったという。

 

おんぶする時に、なんと富江は・・・

あなたのほうがいい男だから、あなたに背負ってほしい・・・

と、つぶやいたという。

f:id:sakuratei2570:20190205033025p:plain

先輩「ちくしょう・・・!ちくしょう・・・!!そんな美人に抱き着かれて嬉しいかっ!!!」

すっかり、魅了されてしまった先輩。

 

いったいぜんたい・・・どうなってしまうのか・・・物語は・・・

どうなってしまうのか・・・

先輩は・・・この後輩くんは、どうなってしまうのかっ・・・!!

是が非でもっ!

伊藤潤二恐怖マンガコレクションを、読んで頂きたい!!!

 

以上、【富江】シリーズの、ほんの一コマをご紹介しましたが、まだまだ、あまりにもすごすぎ!あまりにも怖すぎ!

そんな伊藤潤二先生の作品をもう少し、ご紹介します。

 

【首のない彫刻】

f:id:sakuratei2570:20190205033443p:plain

あまりにも・・・あまりにも恐ろしい。

首のない彫刻とは・・・!

 

ギャアアァァァァァッッ!!!

f:id:sakuratei2570:20190205033614p:plain

岡部先生とはっっ!!??

いったいこれはっっ!

どうしたのかっ!!

なんとゆう・・・ただひたすら・・恐怖・・・!!

 

・モデル

 

茶店で・・・ふと、置いてあった雑誌に掲載されていた

モデルだと言う・・・。

f:id:sakuratei2570:20190205033812p:plain

「このモデル・・・なんて薄気味悪いんだ・・・」

 

その後・・・

そのモデルの写真が頭に残って離れなくなってしまった少年が通っている学校で、なんと、部活で行っている作品を作るために、モデルを二人募集したという。

その一人がなんと・・・

あの・・・モデルであったという・・・

 

そして。

撮影のために、部活のものたちと全員と、モデル二人とで、森のほうに行ったものの、

恐ろしいモデルの女「なんで・・・その女ばかり・・・撮っているの?」

 

その女ばかり撮るなっっ!!

わたしを撮れっっ!!

わたしのほうが・・・美しい!!!

 

そして、若く、美しいモデルが森の木のなかに、用を足しに行くと、なにやらその後戻ってくる様子がない・・・

そして、あの、おそろしいモデルも・・・なにやら戻ってこないという。

 

これは・・・もしや、なにかあったのではないのか。

 

探しにいく、主人公の少年と、同じ部活のメンバーたち。

 

すると・・・

f:id:sakuratei2570:20190205034319p:plain

とんでもないことに・・・!!!!

 

翡翠

 

主人公の少年がすんでいる家の、隣に住んでいるという、わりと美しい少女、いつも窓から顔を出しては、庭の隅をほうを指さしているという・・・

f:id:sakuratei2570:20190205034505p:plain

あまりにも・・・これは・・・・恐ろしすぎないか・・・

 

恐ろしくて・・・恐ろしくて・・・どうにもならぬ・・・

f:id:sakuratei2570:20190205034607p:plain

穴が・・・開いているという・・・

こんな・・・美少女なものの腕に・・・ポツリポツリ・・・たくさんの穴(孔)が・・・開いていると・・・いう・・・・・・・・

 

(;´・ω・)いささか・・・怖すぎないか・・・

 

・旅館

 

f:id:sakuratei2570:20190205034918p:plain

なんと・・・ここのご主人は・・・家をなんとかしてしまって・・・旅館をはじめることにしたという・・・!

 

そして・・・

なんと、夢でもって、ご先祖様がこの家の地面を掘っていけば、温泉が出るというお告げがあったという・・・

f:id:sakuratei2570:20190205035054p:plain

これは・・・

なにやら・・・叫び声とともに、なにかが噴き出てきたようです。

これはもしや・・・!

 

ぜひ・・・このあと、いったいどうなってしまうのか・・・・実際に、ぜひ、伊藤潤二先生の恐怖マンガをご覧になって頂きたい次第です。

そして、この【旅館】ですが、あまりにも恐ろしく、もしも間違って幼い子供などに見せてしまいますと、おそらくトラウマとなってしまう、とてつもない恐怖ですので、気を付けないと大変なこととなってしまいます・・・

 

・個人的な感想として

 

伊藤潤二先生の作品は、ほかにもたくさんあるんですが、やはり今回ご紹介しました【伊藤潤二恐怖マンガコレクション】は、わたしが最初に触れた、伊藤潤二先生の作品、と言うこともありますが、伊藤潤二先生の神髄といったような、まったく先を読むことを許さない、恐怖・・・

いったい、なにが起きているのか・・・なにがこれから起こるのか・・・!

まったく、予想することができない、伊藤潤二先生の作品。

その、まったく予想することができない、と言うところが、伊藤潤二先生の作品の素晴らしい特徴の一つだと思います。

 

これから・・・どうなるんだろう・・・

もしかして・・・こうなるのだろうか・・・???

 

といった予想は・・・

かなり高確率で、裏切られることになるでしょう。

 

そして・・・

あまりにも、予想を裏切られ、恐怖させられているうちに・・・やがて・・・

 

予想することを・・・やめてしまいます。

 

予想しても・・・無駄であることがわかるのです。

 

まるで・・・誰もが予想するであろう展開には・・・ぜったいにしない!!

 

といったような、そんな、およそ予想など到底不可能な恐怖!!

 

誰もが思いつくことすら不可能な・・・世界観!!

思いつくわけがない・・・物語!!

 

伊藤潤二先生は、少年時代には・・・

人をビックリさせることが大変に大好きであるがために・・・

お祭りで買ってきたという、【うんこ(偽物)】を家によく設置して、ビックリさせたりなど人をビックリさせるのがとにかく大好きであったとか。

その偽物のうんこは、今も引き出しの中に、あるという・・・!

 

最近では、猫などを飼ったりなどもして、コメディのような作品にも挑戦されております。

 

伊藤潤二先生は、デビュー前に、梅図かずお先生の、恐怖マンガの登竜門である恐怖マンガ大賞へと、投稿し、受賞しましたが。

その際に、審査員長である、梅図かずお先生は、そんなに新人の方のマンガ作品を褒めることは少ないとのことなんですが、伊藤潤二先生の投稿した作品を読み、大変にすごい新人が登場した!と褒められたとのことです。

 

わたしも、絵を描いたりすることは好きですが、伊藤潤二先生の作品を読み、恐怖マンガに挑戦してみたい!

などと無謀な考えを起こしたこともありましたが、今はもちろん断念しております。

やはり、夜中に一人、恐ろしいマンガを描く、ということは・・・あまりにも怖いですね。

こういった、恐怖マンガの先生方は、夜中に一人恐ろしい恐ろしい恐怖マンガを描く、と言うことは、怖くはないのかな・・・・

と、よく考えております。

 

ほかにオススメの作品としまして。

 

・【ギョ】

 

と言う作品があります。

こちらも・・・あまりにも恐ろしい世界観で、あまりにもリアリズムがすごすぎでして・・・子供さんに見せてしまうと、トラウマになってしまうので、大人か高校生くらいの方におすすめです。

小学三年生くらいで、これを読んでしまったら、大変だと思います。

こちらもまた・・・あまりにも怖すぎですね。

f:id:sakuratei2570:20190205041421j:plain

物語には、霊的な世界が、やはり関与しているんですが、なんだか科学的なSF的な不思議な世界観も複雑に、絡んできており、なんともリアルで恐ろしい世界観となっています。

 

・オススメの男女比

 

男性と、女性の方におすすめする場合、どちらがより楽しめるのか?

といったことなんですが。

 

これは、もう、ほぼ同点といって良いと思います。

あえて点数をつけて分別してしまうとしますと。

 

男性6:女性4

 

でしょうか。

 

ヒロインが美しい、といったことも、伊藤潤二先生の作品の非常に素晴らしいところなんですが、じつは男性キャラクターも【大変に整った顔】をしているのです。

なので、美しい女性ヒロインだけでなく、いろいろな非常に個性的な【イイ男】がたくさん登場しますので、恐怖マンガが好きな女性の方にも、大変にオススメとなっております。

 

ただ、その【イイ男】ですが、男性目線で「こいつ・・・カッコつけててなんか、気に食わないな・・・」といったようなキャラクターは、基本的に登場しません。

わたしも実のところ、女性ファンを、明らかに意識した意図を感じざるを得ないような、【イケメン】キャラクター連発なマンガなどは、すぐにブックオフなどで売却ですので、そのようなイヤな感じの【イケメン】連発といった感じは、まったくないです。

 

それでは、このたびは、伊藤潤二先生の、最恐のホラー漫画

伊藤潤二恐怖マンガコレクション】

をご紹介させて頂きました<(_ _)>

 

では、失礼いたします(。-`ω-)でわでわ✨✨

 

 

伊藤潤二恐怖マンガCollection (1)

伊藤潤二恐怖マンガCollection (1)

 

 

人間失格

こちらは、最近よくコンビニで見かけるので、めずらしくわたしも【セブン】さんで購入したんですが、太宰治の【人間失格】を伊藤潤二先生の作風で、描かれており、1巻を読んでしまうと、これまた続きが気になってどうにもなりません。

人間失格 1 (1) (ビッグコミックス)

人間失格 1 (1) (ビッグコミックス)

 

 

 ・ギョ

主人公が、彼女と沖縄へと旅行中・・・なんと・・・

とんでもないことに・・・!!

ギョ(1) (ビッグコミックス)

ギョ(1) (ビッグコミックス)

 

 

・うずまき

 うずまきの魔の力に魅了されていく、町の人々・・・

なぜこんなにも、うずまきの力に引き寄せられてしまうのか・・・!

そして・・・とうとう・・・クラスメートたちの体が・・・背中が・・・!!

やがて明かされていく・・・町に隠されていた・・・数々の呪い・・・!

うずまき 全3巻セット (スピリッツ怪奇コミックス)

うずまき 全3巻セット (スピリッツ怪奇コミックス)

 

 

・地獄星レミナ

 新しい星を発見したという、主人公のヒロイン【レミナ】の科学者である父!

その発見した星は・・・!!!!!!!

ちょっと不思議なSFテイストもあり、サイエンスのほうの勉強もお好きなのだな、と感じるところも、伊藤潤二先生の作品では見ることがありますが、こちらもちょっと(すこし)不思議な物語(SF)な要素も盛り込められています。