僕の読んだ最強のおすすめマンガ!!

僕が今までの人生で読んで、もっとも最高だったものたちをご紹介していきます!読んでもいないものはご紹介しません!!最高のものだからオススメしたい!!

【妻、小学生になる。】泣ける・・・っ!!

              ・妻、小学生になる。・

今回、紹介していきますのは、こちら。

f:id:sakuratei2570:20190704005142j:plain

【妻、小学生になる。】です!

 

帯に書かれていますように

「生まれ変わった妻は小学生だった。」

 

と言うことなんですが。

(。-`ω-)「んむ?・・・妻が生まれ変わり、小学生に・・・?」

 

といった感じで、はてな〖?〗な感じですが、最初のほうを読み進めていきますと、なんとも非常にわかりやすい。

そして、親しみのある絵柄!

 

これは、じつは、タイトルをそのまま解釈してしまいますと、大変なことになってしまいますが(;´・ω・)💦

とくに、まあ、がいわゆる

 

【小学生に戻った!✨】

 

的なものとは、まったく違ってくるわけなんですよ!

 

いや!

 

まったく違ってくる!

のとは違う!

とも、言いきれないが!!💦

 

こう・・・

 

※ネタバレあり!!

 

 

よそのご家庭で育った子供(娘)が・・・10歳の時に、結婚していたご主人と娘が住んでいるマンションの近くをたまたま通りかかったところ・・・なんと!

記憶がよみがえり!

自分は、事故で他界した、そのマンションに住んでいるご主人と娘さんの、妻であることを思い出すのです!

 

まず、最初のほうは、こんな感じで始まっていきますね。

f:id:sakuratei2570:20190704010005j:plain

とぼとぼと家路に着くところだと思われる、疲れたサラリーマンの男性・・・

 

それを、なにやら遠くから見る少女・・・

 

こんな感じで、第1話目が始まりますね。

f:id:sakuratei2570:20190704010205j:plain

いい絵柄・・・!

 

なんだか、とぼけた感じが良い感じです。

 

家へと帰宅したサラリーマンの男性。

f:id:sakuratei2570:20190704010257j:plain

カチャカチャと、なにやらタイピングのようなことをしている娘が・・・

父「・・・ただいま」

娘「おかえりなさい・・・」

父「・・・夕飯にするか」

娘「・・・うん」

なにやら、テーブルのうえに並べられる、コンビニなどで売られているようなお弁当。

   

もそもそ・・・と食べ始める父と娘・・・

f:id:sakuratei2570:20190704010513j:plain

なにやら、電話の置かれている台には、家族3人の写真が。

とくに、「いただきます」的な発言が、あったのか、なかったのか・・・

もそもそ・・・と食べ続ける父と娘。

 

そんなおり、なにかチャイムが鳴る「ピンポーン」

父「?」ガタッと立ち上がる。

 

するとなんと・・・

f:id:sakuratei2570:20190704010723j:plain

父「はい・・・?」ガチャ、と扉を開ける父。

 

なにやら、見知らぬ少女が仁王立ちになっている・・・!

いったい何者なのか・・・!?

 

見知らぬ少女「・・・」「ただいま」

 

なんと・・・「ただいま」・・・と言う。

 

父「え?」

f:id:sakuratei2570:20190704010904j:plain

父「・・・えっと 君・・・どこか他の家と間違えて・・・」

見知らぬ少女「間違えてないわよ!ここは私の家!」

見知らぬ少女「私は新島貴恵(にいじまたかえ)!あんたの妻!麻衣の母親!」

見知らぬ少女「・・・まあ・・・どっちも"元"だけどさ」

 

と言う・・・

いったい・・・なにを突然に言い始めるのか!

なんと、とつぜんの「ただいま」。そして。

ここは「私の家!」と言い、「あんたの妻!麻衣の母親!」だと言う。

そして「どっちも"元"」だと言う。

 

なにやら、少女を案じたのか、家に迎え入れ、テーブルで話を伺うことにした模様。

確かに、通常であれば、なかなか受け入れられない状況。

頭が・・・どうかしちゃっているんじゃあ・・・ないのか・・・この少女は・・・

といったところ。

 

テーブルに静かに向かい合い、そっと鎮座する3人。

f:id:sakuratei2570:20190704011420j:plain

父「すまないが、にわかには信じられん・・・」

(。-`ω-)まあ・・・だよな・・・

見知らぬ少女「・・・北朝霞駅のホーム」「あなたが私にプロポーズした場所」

 

そのほかにも、本当の妻でなければ知りうることのないはずの真実を、どんどん語っていく少女・・・

 

父「!」

 

f:id:sakuratei2570:20190704011846j:plain

たまたまこの近くを通ったら、急にパーッといろいろ思い出したのだと言う・・・

 

(。-`ω-)「思い出した時の顔が、おもしろい」

(。-`ω-)「なんだか、ポヤーン、としていておもしろい」

   

父「信じられないことだ・・・こんなこと」

f:id:sakuratei2570:20190704012056j:plain

父「信じられないが・・・」

父「貴恵だ・・・間違いなく言える」

 

Σ(。-`ω-)Σ「キタッ!!!!!✨」

 

突如・・・見知らぬ少女であった【"元"妻】が・・・!

f:id:sakuratei2570:20190704012419j:plain

"元"妻「なによこの味気ない夕飯!」バン!

(。-`ω-)Σ!!

 

ビックリする父と娘。

"元"妻「まさか私が死んでからずっとコンビニ弁当なんじゃないでしょうね!」ガミガミ

「夕飯だけは何があっても 彩のある食卓にしようって決めたでしょ!」

「質素でも それが家庭にとって どれだけ大事なことかも説明したじゃない!」ガミガミ

「栄養の面もあるけど、それよりも大事なのがちゃんとお皿の上に載せたものを食べることなの」

「忙しくてお惣菜だけになっても それだけは守りなさい」

 

と言う・・・

(。-`ω-)「なるほど・・・なんだか・・・あまり考えたことが、今までなかったけれども、確かに・・・なるほど!・・・と思った!」

(。-`ω-)「ぶっちゃけ・・・お皿に載せて食べることが、具体的にどのように良いことなのか・・・ご主人だけでなく、わたしにも説明してほしいと思った!」

そして。

(。-`ω-)「できる・・・できるぞ・・・!この作者は・・・とてつもなく・・・できる!!!」と思った。

 

ややページのほうを少し飛ばせていただくことにする。

 

回想のシーンになります。

f:id:sakuratei2570:20190704013816j:plain

生前の妻から、お弁当をもらっているシーンを思い出しているところです。

ご主人「本当に毎日おいしくてたまらないよ、これからもどうかよろしく頼む」

妻「(そんなにかよっ)💦」

 

そして、切なすぎるシーンに・・・

f:id:sakuratei2570:20190704014015j:plain

妻「もちろん、これからもずっと作ってあげるわよ」

 

といったシーンからの・・・

 

この切なさ・・・

 

いささか、切なすぎる感じ・・・

 

f:id:sakuratei2570:20190704014145j:plain

ご主人「もう二度と・・・作ってもらうことはできないんだな・・・」

 

( ;∀;)「ご主人・・・」

 

しかし・・・今朝の出来事・・・

f:id:sakuratei2570:20190704014610j:plain

"元"妻「ん」「早速 早起きして弁当作ってきてやったわよ」

「短い手足で一生懸命作ったんだから これ食べてエネルギー補充しなさい!」

「弁当箱は食べたらすぐに洗っておきなさいよ!」

 

といったことを思い出しながら、弁当の袋を開けるご主人・・・

f:id:sakuratei2570:20190704014942j:plain

 

(´;ω;`)ご主人・・・

 

もりもり食べるご主人・・・

f:id:sakuratei2570:20190704015051j:plain

ご主人「美味すぎる・・・」

 

(´;ω;`)ご主人よ・・・

 

(´;ω;`)くっ・・・!

 

(´;ω;`)ぐっ・・・!!

 

 

といったところで、現在、二巻まで発売されているんですが。

めちゃ泣けるので・・・できれば・・・夜にでも一人で読まれることをおすすめしたい。

 

これからどんどん、いろいろな、楽しいことや、つらいことなどがたくさん起きてくるわけですが、さすが、ニコニコ漫画で一位のだけあるな・・・といったところです。

 

ニコニコ動画やニコニコ漫画で、コメントを書きまくっている人たちがね・・・こう・・・泣きながら見ていたんだろうか・・・

と思うと・・・

なんだか・・・いい感じ。

 

ただ、ニコニコ漫画さんのほうでは、基本的に全てのお話しを読むことができない場合が多い。

 

わたしもじつは、ニコニコ漫画のほうでこの作品を知り、近々発売される。

と書かれていたので、さっそく購入し、続きを読んだりしていたのだが。

思いのほかの感動と壮絶だった。

 

だった。

と言うと、過去形になってしまうが。

まだまだ、連載中とのこと!

 

やはり、"元"妻は、普段の私生活では、普通の小学生なわけですから。

必ず自分の家に帰っていくわけです。

やはり、いろいろ起ってきますよ、問題が。

 

そして、またしても"ネタバレ"になってしまうかもしれないが。

 

"元"妻の現在の母親が・・・かなりやばめ!

 

あまり"ネタバレ"してはいけないとは思うのだが・・・

やや、"ドキュン"系、と言うのか・・・やばめ・・・

 

いったい・・・"元"妻と、ご主人、そして、娘さんのお話しは今後いったいどうなっていくのか・・・!!

 

非常に気になり、何度も読んだりしています。

 

何度読んでも、続きは出てこないんですけれども(;´・ω・)💦

 

夜中に一人、泣きながら読むのが良いと思います。

 

 

では、このあたりで今回失礼いたしますぞ(。-`ω-)!

 

ひさびさにすごい感動、泣ける!とてつもなく!

 

 

【妻、小学生になる。】おすすめです!

 

現在、第2巻まで発売中です!

 

第2巻では、娘さんのお話しも詳しく乗っており、母親の血を受けついでいる感じや、「女性でないと、このお話しは考えつかないな・・・」と言うような、すごいお話しがたくさんあります。

お話しの内容や、絵柄的に、女性の先生が描かれているんだと思っていますが、違うかもしれません。

 

ニコニコ漫画さんでも、掲載していますが、掲載していないお話しもあります。

ニコニコさんのほうでは、最初のほうのお話しと、最新のお話しが掲載されることが多いようです。

 

では、失礼しますぞ(*´ω`*)ノでわでわ✨✨

 

 

そして、こちらをはりきってポチるが良い(。-`ω-)ノ!!✨✨

妻、小学生になる。 1巻 (芳文社コミックス)

妻、小学生になる。 1巻 (芳文社コミックス)

 

 さあ!ポチるのだ!今すぐにだ!!

妻、小学生になる。 2巻 (芳文社コミックス)

妻、小学生になる。 2巻 (芳文社コミックス)

 

あとになどしてはいけない!

人生にあとなどない!

人生には、今しかないのだよっ!!