僕の読んだ最強のおすすめマンガ!!

僕が今までの人生で読んで、もっとも最高だったものたちをご紹介していきます!読んでもいないものはご紹介しません!!最高のものだからオススメしたい!!

とよ田みのる【金剛寺さんは面倒くさい】ラブコメ&感動!をご紹介します

こんにちは、こんばんは、今回ご紹介していく漫画はこちらです(。-`ω-)ノ✨

 

✨【金剛寺さんは面倒くさい】とよ田みのる先生!✨

 

なんだか泣けて笑える、恋愛マンガ、といった感じです。

ではさっそく、こちら【金剛寺さんは面倒くさい】第一巻表紙になります。

f:id:sakuratei2570:20190203031845j:plain

こちら主人公である女子高生【金剛寺金剛】さんです。

名前がなんともド迫力ですが、家庭が武人系の家系であり、金剛寺さん自身も柔道部の部長を務めており、全国大会で活躍する腕前であり、その父親がまた空手のような武道の達人であるとゆうことで、そういったド迫力の名前なんだと思われます。

 

この二人をメインに物語が展開していきます。

f:id:sakuratei2570:20190203031720p:plain

左側の女子高生は、金剛寺さん、主人公です。

右側は、地獄世界から来た、金剛寺さんを好きになってしまう樺山くんです。

 

ちょっとわけあって、最初のほうで地獄からきた樺山くんと、金剛寺さんが接触し、樺山くんが金剛寺さんに何か言われている最中に、なんと、妊婦が苦しみ始めました。

それをなんとかタクシーを呼ぶなどして、助けた金剛寺さん。

そして、お礼を言う妊婦の人。

すると。

f:id:sakuratei2570:20190203030745p:plain

金剛寺さん「お気にしなくて結構です!」「そこに心はありません。」

「感謝するならばその道徳的規範にどうぞ。」

 

と言うことで、なんとも正義感でありながらも、どぎついお言葉を発すると言う!!

 

そんなことを近くで見ていた樺山くんと、少しふと、歩いておりますと。

同じ学校の生徒であることがわかり。

f:id:sakuratei2570:20190203031247p:plain

金剛寺さん、自己紹介をします。
すると、樺山くん「ドキューン!💛」

な感じになってしまいましたね。

f:id:sakuratei2570:20190203031445p:plain

すっかり、💛な状態になってしまった樺山くん。

 

ほかにも、いろいろな個性的な人たちが出演しております。

f:id:sakuratei2570:20190203032227p:plain

刑部本子(おさかべぽんこ)さん、一見すると美少女系キャラに見えますが、なんと・・・!!

そして、右下には、いささか謎な疲れた感じの、中年男性、牛岡正美(うしおかまさみ)、いったいなにものなのか・・・

 

ほかにも、いろいろと爆裂な個性を持ったキャラクターが登場します。

 

・個人的な読んだ感想

 

とにかく、パワーがすごいです。

よく出てくる、

「本編には大きく関わりのない物語ではあるがっ!!!」

という、太く、迫力のある手書きで始まる物語が、確かにこの二人のお話しの流れには、あまり影響がないともいえるかもしれんが・・・(;´・ω・)💦

と言う感じで、大変に楽しい感じになっており、かつド迫力であり、なんだか泣けてくるようなお話しもたくさんあり、いい感じになっています。

 

この、とよ田みのる先生の作品は、あまり定規を使わないような、手書きの線で力強く描かれていることが多く、非常にダイナミックです。

 

今はやりの絵、といったものではないのが、またかえって味を出してしまってますね。

絵的には、今風の絵ではない、と言い切ってしまうとあれですが、とりあえずデジタル感がなく、それゆえに人間味が出ています。

最近の絵柄を否定するわけではないですが、今風の絵柄に慣れている人には、かえって新鮮に感じるのではないかと思います。

 

絵柄そのものにも、メインキャラクターの一人である樺山くんなどを見ても、かなり個性的なので、若干苦手である人もいるかもしれません、とくに女性の方には苦手な絵だな、と感じる方も多いかもしれませんが、お話しの内容としては、とよ田みのる先生の全作品において、むしろ女性の方も、好きではないかな、と思うような感動的なお話しが多いので、性別問わずに楽しめるのではないかと思います。

 

とよ田みのる先生の作品では、作中によく猫が出てきます。

今作【金剛寺さんは面倒くさい】の作中でも、金剛寺さんと樺山くんとの間にも、よくたくさんの猫が登場します。

そして、最後にはよく、とよ田みのる先生のあとがきが書かれていますが、そこでも、小さくちんまりと猫がちょくちょく出てきます。

よほど、猫が好きなんだなぁ・・・(。-`ω-)✨

と思ったりします。

 

主人公の金剛寺さんは、かなりタイトルにもある通り、面倒くさい、と言うとどう面倒くさいのか?

と言う感じですが、いろいろと金剛寺さんの性格がわかるにつれ、どう面倒くさいのか?がわかってくるようになっています。

わかると、なるほど、これはたしかに、かなり面倒くさいな・・・!

と感じると思います。

 

しかし、その以上にくそマジメであり、自分にも厳しく、他人にも厳しくなってしまう、金剛寺さんのストイックな面が、読み進めていくごとに、少しずつなにか、変化していっているのか?これは?

といったように、進んでいきます。

なるほど・・・金剛寺さんのような厳しい、ストイックな人も・・・少し変化したんだな・・・!

と思っていると・・・ん・・・まったく変わってないじゃないか!

 

といったような、そんなところがおもしろいですね(*´ω`*)✨

 

なぜ、こんなにもストイックであるのか・・・

あまりにも自分にも他人にも、厳しすぎる金剛寺さん、そして、樺山くんの優しさ!

 

樺山くんの、とてつもない心の優しさにも、何度も読んで頂きたい、とよ田みのる先生の作品のすばらしさが、よく出ております。

 

この【金剛寺さんは面倒くさい】は、一度読んでも、ひまな時などにふと、また気楽に何度も読み返しても楽しいので、ぜひ手元に置いておきたい作品となっています。

 

それでは、今回は【金剛寺さんは面倒くさい】をご紹介いたしました。

では、失礼いたします(*´ω`*)ノでわでわ✨✨

  

 

 

FLIP-FLAP

こちらもオススメです。

とよ田みのる先生自身が、おそらくかなり好きなのではないか、と思われる【ピンボール】におけるいろいろな物語が、心に残ります。

 今風ではない、いい感じのヒロインの美少女と、主人公の感じがまたナイスです。

いいですぞ(*´ω`*)✨✨