僕の読んだ最強のおすすめマンガ!!

僕が今までの人生で読んで、もっとも最高だったものたちをご紹介していきます!読んでもいないものはご紹介しません!!最高のものだからオススメしたい!!

コタローは一人暮らし[津村まみ]を読んでの感想と紹介

          ・コタローは一人暮らし[津村まみ]を読んで・ 

                             🌟感想と紹介!🌟

 

こんにちは、こんばんは、しばらくぶりになりますが、今回は非常に感動する作品となりますこちら。

【コタローは一人暮らし(津村まみ)】を読んで、です!

f:id:sakuratei2570:20200215162912j:plain

もう表紙からしてなんだか、悲しいやら、めんこいやら、といった感じになってます。

この少年コタローがこの物語の主人公になります。

f:id:sakuratei2570:20200215163154j:plain

アパート清水、と言うアパートに一人、引っ越してきたコタロー

これからいったいどうなっていくのか。

f:id:sakuratei2570:20200215163326j:plain

なにやら、ござる系の忍者のような話ことばでスーパーにティッシュなどを買いにきたコタロー。

店員はちびっこであるコタローにポケットティッシュを手渡すが、これではなく、生活用の大型のタイプをコタローは希望していた。

f:id:sakuratei2570:20200215163527j:plain

おもちゃのソードを見つけ、なにやら頬を赤らめるコタローくん。

どうやらおもちゃのソードが気に入ったようで、さっそく購入したようで腰につけているコタローくん。

f:id:sakuratei2570:20200215163657j:plain

この人は隣に住んでいる人ですね。

どうやらこれを見るからに、女グセが悪いように感じるがいったいどんな男であるのか?

こんな女グセの悪そうな男が隣に住んでいてコタローは果たして大丈夫なのか?!

f:id:sakuratei2570:20200215164231j:plain

となりの住人いわく「女の子って・・・超絶元気だな・・・」と言う。

いったい殴ってきた女性とはどのような関係であったのか。

いろいろ謎を残したまま、コタローが引っ越しの挨拶に訪れた。

なんと・・・先ほどスーパーで買った箱のティッシュペーパーは、なんと引っ越しの挨拶をするためのものであった!

このアパートは、基本的には子供連れでの入居はおことわりしているのだと言う。

f:id:sakuratei2570:20200215164902j:plain

なんと・・・コタローは一人で部屋を借りているのだと言う。

f:id:sakuratei2570:20200215165139j:plain

風呂がついてないことを知らなかった様子のコタロー。

さっそく隣人の女グセが悪いように思われた男性から、銭湯について教えてもらい、単身銭湯へと向かうコタロー。

f:id:sakuratei2570:20200215165400j:plain

なにやらコタローについていくことにした隣人男性。

思いのほか、人間味のある男であるようだった。

シャンプーハットをつけているのに、シャンプーが目に入ってしまったコタロー。

f:id:sakuratei2570:20200215165551j:plain

親はいねーのか?

と言う問いにたいしてコタロー「・・・いたが、おらぬ。」のだと言う。

対して男性は「ま、まあ俺にもいねーんだけどな、ガキん時、両親が事故でさ。」と言う。

コタロー「・・・そうか・・・」「それはさびしいな」。

と言う。

男性はそれを聴いて、寂しいのか?

とコタローに聴くが。

コタローは、なぜ男性がそう思ったのかは、よくわかっていない様子。

大人びてはいるものの、まだ子供っぽいところがたくさんあるコタロー。

つい本音が出てしまっていることには、気づいてないコタロー。

f:id:sakuratei2570:20200215165922j:plain

隣人である女性と、いつのまにやらすっかり仲良くなっていたコタロー。

女性が一人泣いているところに。

コタロー「泣いても、わらわはおぬしのことを嫌ったりなどせぬ。泣くのはだめではない。」と言う。

f:id:sakuratei2570:20200215170218j:plain

下の階に住んでいると言う、なにやらヤバい系の男性登場。

コタローのことを【コタローきゅん】と言い始めた。

引っ越しの挨拶が嬉しかったのだと言う。

コタローきゅんに頬ずりをして喜んでいる、ヤバい系の男性。

ヤクザだろうか。

大丈夫なのか、コタローきゅん。

おもちゃのソードでヤクザっぽい男性の頬ずりをなんとか引き離すコタローきゅん。

f:id:sakuratei2570:20200215170451j:plain

ついに登場した、コタローくんが尊敬していると言う【とのさまん】登場!

コタローくんはこの【とのさまん】を尊敬しており、大好きであるのでこのような話し方をしているのだと言う。

 

と言うことで、コタローは一人暮らし、なかなか面白く感動的でしたのでこのたび、ご紹介させて頂いているのですけれども。

いかがでしょうか。

わたし的にはかなり感動的で、一人ウルウルしながらも拝見させて頂きました。

どうやら、【とのさまん】については、今はどうしているのか、母との思い出なども含まれている様子。

 

コタローくんはこのあと、一人で生活していくことができるのか?

 

あまりにも気になるこの作品、しっかりしているようで、まだまだちびっこであるコタローが、どのように生きていくのか?

いろいろと見どころがたくさんの、この作品ですが、わたしはかなり面白いと思いました。

とくに男性・女性問わず、年齢としてはやや成人向け、中高生以上が良いようにも思いますが、子供が読んでもコタローくんに同情したりなど、楽しめるかもしれません。

 

隣人男性とは、よく一緒に【とのさまん】を見たり、一緒に銭湯に行ったりなどするようになりますが、いったいどうなっていくのか。

 

第一巻では、コタローくんが保育園にいけるようになるので、なんとか一安心といった感じもしますが、そこでも隣人である男性や、下の階のヤクザな人や、隣の若い女性などがいろいろと助けてくれるので、人間愛のようなものも、この作品には満ちているように思いました。

 

保育園の帰りなどにも、隣人の男性が迎えに来てくれるようになったりするところからも、隣人の男性が、じつのところ、非常に性格のよい男性であるところがよくわかる。

じつは気心の良い、やさしい男であったのだ。

 

と言うようなところで、あとはご自分の目で、心で、ぜひこの作品【コタローは一人暮らし】を読んでみてほしいと思います。

 

こちらからもお買い上げできるようになってますので、ぜひ拝見して頂きたい次第です。

コタローは1人暮らし (1) (ビッグコミックス)

コタローは1人暮らし (1) (ビッグコミックス)

 

 こちら、一巻になってます。

コタローは一人暮らし 1-6巻 新品セット

コタローは一人暮らし 1-6巻 新品セット

 

 こちらは1巻から6巻までのセットになってます。

 

コタローくんが一人で必死に生きていく様子が、非常に興味深く、おもしろい作品となっております。

ぜひ読んでみてほしい作品です。

 

それでは、今回は【コタローは一人暮らし】津村まみ先生、の作品をご紹介させて頂きました。

では、失礼いたします(*´ω`*)ノでわでわ✨